ヘアマニュキュアの特徴

ヘアマニュキュアとは?カラーリングとの違い

髪の色を変える時、多くの方はカラーリングを選択すると思います。
では、ヘアマニュキュアとは一体何なのでしょうか?カラーリング剤は髪の内部に色素を壊し、髪の外側と同時に内側にも色を入れて定着させるものです。
明るい色から暗い色までよく染まり、1ヶ月以上持続することができますが髪の内部の色素を抜く為、頭皮や髪へのダメージも大きくなります。
一方、ヘアマニュキュアは髪の内部の色素を壊さず表面のみをコーティングする為、頭皮や髪へのダメージはほとんどありませんが暗い髪色を明るくすることは出来ません。
シャンプーの度に入れた色が抜けていき、2週間程でほぼ元の髪色に戻ります。
染めた色を持続させたい場合はそれを目安に染め直していく必要があります。
髪の色を大きく変えたい方や髪色を長持ちさせたい方にはカラーリングの方が適していますが、髪にダメージを与えたくない方やほんのりと雰囲気を変えたい方、短時間で髪色を戻したい方などはヘアマニュキュアを選択すると良いでしょう。
どちらの方法も洗浄力の強いシャンプーを使って毎回髪を洗うと退色が早くなるので、髪色を変えた後はアミノ酸シャンプーなど頭皮や髪に優しいシャンプーを使うことをおすすめします。

ヘアマニュキュアの特徴と使い方

ヘアマニュキュアは酸性染毛剤という種類の染毛剤で、通常髪を染めるときに使用する酸化染毛剤と違い、髪の毛の表面のみに着色します。
酸化染毛剤のようにブリーチ剤は配合していませんので、髪の毛全体の明るさをリフトアップしたい場合には、酸化染毛剤を選択した方がいいでしょう。
ヘアマニュキュアを使用するメリットは、髪の毛内部のたんぱく質細胞を変性させないので髪が傷みにくいことです。
通常、傷み切った髪の毛を染めても色が持たないのは、髪の毛内部のたんぱく質が流れ出てしまっているためです。
ヘアマニュキュアは髪の毛の表面に着色する性質から、傷んで明るくなってしまった髪の色を抑えることもできます。
また髪の毛をコーティングすることから、それ以上傷みを抑えることにも使われます。
カラー剤として施術した時、黒い紙の上にカラーセロファンを置いても黒の色が変化することはないように、見た目の色味はあまり変わりません。
太陽の光の下で風に髪がなびいた時などに、染料が光ってマニュキュアの色を感じられることがあるくらいです。
白髪がちらっと見えてきた頃、髪を傷ませたくない、全体の色味も明るくしたくない場合には、ヘアマニュキュアで白髪を目立たせなくする程度に染めるのもおすすめのケアです。

Copyright 2015 ヘアマニュキュアを整える All Rights Reserved.